Home > 妄想ファイル

妄想ファイル Archive

妄想ファイル:シーン3「夜の公園で野良猫を…」


こんな恰好で外に出なきゃいけないなんて…

いくら夜遅いと言っても、誰もいないわけじゃない
人に見つからないかと思うと怖くて仕方がなかった

公園についた所で彼から奉仕するよう命令される
私は怯えながら彼に許しを乞おうとすると
「猫が何人間の言葉喋ってんだ」と聞いてもらえない

でも、彼の言う事を聞かないと
もっととんでもない目に合う…

仕方なく私は彼の足を舐める…


この画像のポーズデータ並びにヘビーセーブデータは
紳士(獣)の為の3Dカスタム少女 Hシチュエーション集Sに収録されています。

妄想ファイル:シーン2「新人アイドルの枕営業」


「お疲れ様、でもこれからが一番大事なお仕事だよ」
毎回、ラジオの収録が終わると、私たちはマネージャーの用意した衣装に着替えて
こうして体を弄ばれる。

でも…こうしなければ私達には仕事がない
好きでも無い男にこんな事をされるなんて死ぬほどイヤだけど
売れる為に我慢してる。

この後、スタッフ全員の番が回るまでまだまだ続く…
本当に、これで良かったのかな…?

気持ち悪い…
でも、我慢しなきゃ…!!
これも売れる為なんだって…!!


この画像のポーズデータ並びにヘビーセーブデータは
紳士(獣)の為の3Dカスタム少女 Hシチュエーション集Sに収録されています。

妄想ファイル:シーン1「放課後の体育倉庫」


放課後、ほぼ毎日私はここで男たちの相手をする
もう何人の男を相手にしてきたかわからない…

今日は二人だけだろうか
盛んな時期の男たちのモノは衰えを知らない。
何度も何度も私を犯す。

自分の中に違うものが入ってくるこの感触は
何度味わっても慣れない、気持ち悪い。
しかし、そんな表情をする私を見ると
より一層興奮するらしい。

今日も…明日も、そして一年後も、きっとこの場所で
こうしているのだろう…


この画像のポーズデータ並びにヘビーセーブデータは
紳士(獣)の為の3Dカスタム少女 Hシチュエーション集Sに収録されています。

ホーム > 妄想ファイル

ギャラリー | カテゴリ別

Return to page top